木材加工販売(タモ、楢、桜)・天板販売は、卸価格の激安特価な木工-木材.comで!

ブックマークに追加する  サイトマップ
06-6685-3231 受付時間 平日 10:00〜18:00 日・祝 休 天板見学会実施中!お気軽におこしください!
木工wiki
ログイン
削る

トリマー/ルーター

  トリマー


面取りをする、溝をほるための道具です。
先端にビットをつけて、高速回転させることで削る、掘る、切ることができます。
先端に取り付けられたビットは毎分3万回転と、電動工具の中では最速。高速回転することで、滑らかで美しい切削ができます。
しかし、だからこそ万が一の時は大きな事故につながります。心して使用しましょう。


 

 

 ルーター

先端にビットをつけて、高速回転させることで削る、掘る、切ることができます。
トリマーに比べ、大型でパワーが強力。太いビット、大きなビットを使った加工が可能です。


−トリマーの使い方−

まずは刃物の取り替え方。

 

第一にすることが電源が入っていないか確認することです。

トリマーは一つ間違えると危険な道具ですので、十分注意しましょう。

 

 

ネジを緩めてガイドを外します。

  

 

次に付属のスパナを内側につけます。

 

次に外側に。

 

そして下に向けてグッと力をいれると、てこの原理で簡単にネジが緩みます。

 

ネジが緩んでも、そのままスッと刃物が抜けないときがあります。

これはちょっとしたコツなのですが、

トリマーのこの部分をコンコンと軽く叩いください。

 

たいがいの場合それで刃物がとれるはずです。

 

次の刃物を取り付けます。

 

目的の刃物を差し込んだら、内側にスパナをつけて

 

外すときとは逆の方向へおして締めます。

 

さて、トリマーの刃物ですが、大きく分けると2種類あります。

上の写真のように、ローラーの付いているものと付いていないものです。

 

まず、ローラーの付いているものはガイドを使用して使います。

こちらがガイド。

 

トリマーに取り付けるとこんな感じ。

 

トリマーは片手で操作できるデザインになっていますので、作業は片手でしっかり持って行います。

  

 

すると、このように溝を掘ることができます。

 

このガイドは刃物からの距離を調節することができるので、

  

 

先ほどのよりも刃物から離した位置に固定して作業すると

 

このように溝が掘れます。

 

 

次にローラー付きの刃物。

 

先ほどのローラー無しの刃物との違いは、ガイドを付けないこと。

 

この刃物を使うと、

このように材の角を加工できます。

一般に、このような角を加工することを「面を取る」といいます。

 

同じ刃物を使っても、刃を出す大きさを変えると、違った形の面が取れます。

   

 

 

   

 

トリマーやルーターので加工する場合の注意点としますと、なるべく同じスピードで加工してしまう、ということです。

何故なら同じところで刃物を回していると、材が焦げる場合があるからです。

 

この黒い焦げは、ペーパーなどでこすっても、なかなか取れないのでご注意ください。

 

 

こちら、ルーターはトリマーを大きくしたような感じの機械。できることも同じような感じで、トリマーより大きな作業ができます。

 

例えば、トリマーで溝を掘る場合、一度に掘ることの出来る深さはだいたい4ミリくらいです。8ミリの深さを掘ろうと思えば、まず4ミリの溝を掘って、その上からもう4ミリ掘らなければいけません。無理をして一度でたくさん掘ろうとすると、刃物が抵抗に負けて外れてきます。これはとても危険です。

 

トリマーだと一度で掘れないものも、ルーターだと一度で掘ることができる、そんなパワーの差がトリマーとルーターの大きな違いです。

 

 

トリマーとルーターの刃物の大きさの違い。

 

 

このような器具を使って、トリマーの刃物をルーターで使用することも可能です。

   



トリマーは、色々な治具を作って。使いこなせれば、様々なことができます。

また、ビットにはたくさんの種類があり、これを換えることで作業の幅が広がります。


ルーターは機械に重量があるため、フリーで動かすことは困難ですので、工具に付いている定規(ガイド)や治具を使って安定させて動かします。

 トリマー、ルーターのビット


溝用、ホゾ用、面取り用、特殊成形用があります。